2011年06月15日

ComicStudio / ツールアイコン

セルシスさんから出ている、ComicStudio。
もうこのソフトがないと漫画が描けないぐらいにお世話になっています。
最近はアップデートがありませんが、それでも地道なアップデートを繰り返し、非常に使いやすいソフトに仕上がってますね。
ただ、色々不満は残っています。
その最たるものの一つが、

『ツールアイコン』


コミスタのツールアイコン、特にペン関係が非常に分かりづらい。
僕は通常のツールパレットを使わず、カスタムツールパレットに普段使うツールを登録して使用しているのですが、そのままではGペンと丸ペンの見分けが非常につきづらい。
アイコンの背景色を変える事で多少はましになるんですが、それでも分かりづらい。
なので、自分でアイコンを作って登録しています。

コミスタデスクトップ

今回はそのアイコンをご紹介&配布させていただきます。
まだ作って試しての繰り返しですけども。
↓のURLのファイルを解凍してお使いください。
http://rojiurajack.sakura.ne.jp/comicstudio_tool_icon_ver01.zip

●アイコンの変更方法
1)「ツールオプション」パレットを開く。
2)パレット右上の「設定情報を変更」を選択。
3)フォルダアイコンをクリックして解答したファイルの画像を指定。


見た目の綺麗やさよりも、視認しやすさを重視していますので、フォントやデザインはバラバラですが^^;

個人的に気に入っているのはグラデーションのアイコン。
通常のグラデと円形グラデの2種類を、60線〜85線までのバリエーションで作りました。
カスタムツールパレットでそれぞれ登録しておくと見やすいかと思います。
もっと色々といいアイコンが作れたらなぁとは思いますが、ぼちぼちやって行いければと。
posted by Jun at 16:45 | Comment(0) | 仕事道具

2011年05月19日

デスクファン購入

最近買った物の報告ブログばっかりですいません。
仕事の情報もしっかり書いていきますのでご容赦を(_ _;)

で。
以前の日記で書いた、液タブ用のデスクファンを買いました。
購入したのは、液タブ使いの間ではもはやスタンダード(?)な、

『無印良品 デスクファン AT‐DF09R3‐K』


デスクファン.jpg

白いタイプが有名ですが、今回はデスク周りに合わせて黒タイプを購入。
コイツの特徴は、なんといっても送風口を約360°回転させる事ができこと。
お影で微妙な角度の調整が非常に楽です。
風の強さは2段階。
強だとファンの音が結構耳ざりですが、弱であればまぁ許容範囲。
風自体の強さも安定しておりいい感じです。

IMG_0150.jpg IMG_0153.jpg
そして、なんといっても期待したいのが、「耐久度」!
以前使用していたファンは、1シーズンでダメになってしまったのですが、
この無印良品のデスクファンの耐用年数は「通常使用時で10年」という高耐久性を謳っております。
仕事で一日中つけっぱなしにする事もあるため、さすがに10年は期待しておりませんが、
それでも数年持てばいいなぁという期待をしてしまいます。

そして、肝心の冷却性能なのですが、しっかりと角度を合わせることができれば、かなり冷えてくれてます。
上から下に送風するより、左上から右下など、斜め方向に送風してやったほうがいいですね。
真下に送風してしまうと、抜けた風がお腹にモロに直撃するため、たとえ室温が高い状態であってもお腹を壊しかねません。

本格的な夏のシーズンはまだ少し先ですが、クーラーを使わずに乗り切りたい物です。
posted by Jun at 19:23 | Comment(3) | 仕事道具

2011年05月04日

Wiiリモコンの設定公開

前回の日記で書いていました、Wiiリモコンのコミスタ用設定の公開っす。

まずはBluetoothアダプタを買ってきて、PCにWiiリモコンを認識できる状態にします。
で、制御ソフトのダウンロード。

『GlovePIE』
http://glovepie.org/GlovePIEWithoutEmotiv043.zip

上記のファイルを解凍して、アプリを起動。
その後、↓の圧縮ファイル内に入っている「コミスタ用設定A.PIE」というファイルを読み込んで、Runボタンをクリック。
http://rojiurajack.sakura.ne.jp/wii.zip

そして、Wiiリモコンの1・2ボタンを同時押しし、PCとペアリングさせます。
正常に動けば、Wiiリモコンの認識LEDの一番左が点灯します。


次に、コミスタのショートカットを一部変更する必要があります。
変更点は以下のとおり。

・メニュー → 表示 →
回転・反転/通常 = Shift+9
回転・反転/左右反転 = V
回転・反転/左右反転 = C

上記の設定をすれば、以下の図の通りの操作が可能になるはずです。
()内は、ボタンをダブルクリックした時の動作になります。
※は、ボタンを離した時の操作。

wiiリモコン.jpg


環境によって、Wiiリモコンの接続が一度切れる事がありますが、1・2ボタンの同時押しをして認証しなおせば、その後は接続が切れることはないと思います。

興味ある方は、お好きに設定を変更してお使いください。


さぁて、次のキャラデザとプロットを作らなきゃ。


※6月16日追記
GlovePIEを使用すると、時々CPUに対して継続的な高負荷がかかる事があります。
そのようなときは、GlovePIEのSTOPボタンを押し、もう一度RUNボタンを押して見てください。
posted by Jun at 19:16 | Comment(0) | 仕事道具

2011年05月01日

Wiiリモコン

IMG_0143.jpg

仕事道具その2〜。
今回はWiiリモコン。
別にゲームするわけじゃないですよ。
というかWii本体持ってないしw

絵を描くとき、このWiiリモコンを左手用ショートカットデバイスとして使用しています。
PCにBoluetooth受信機を付ければ、ちゃんとPCでも認識するのですなこれが。
で、それをGlovePIEというソフトで制御しております。
メインで使用しているComicStudio 4.0 pro用のショートカット登録と、たまに使うPhotoshop用のショートカットなど、別々のファイルで設定できて、簡単に切り替えれるので非常に便利。
ショートカットの設定は試行錯誤を繰り返しながら煮詰めてる最中ですが、次回その設定などを紹介できればとおもいます。

実は以前はn52teというゲーミングパッドを、MagicKeyPadというソフトで制御して使っていたんですが、Windows7にOSを移行したためにMagicKeyPadが対応しなくなり、対応するまでWiiリモコンでしのいでいる〜ってのが正直なところなんですよねw
ただ、Wiiリモコンもかなり使いやすいデバイスなので、特に拘りがない場合は好きな方を使えばいいかなと。
posted by Jun at 13:01 | Comment(0) | 仕事道具

2011年04月30日

液タブの保護フィルム交換

日記のネタがないw
仕方ないので仕事で使っている道具の紹介でもして行こうかと思います。
今回は、メイン道具である、液晶タブレット「Cintiq 21UX DTK-2100/K0」…の、保護フィルムの紹介でもw

標準で強化ガラスを使ってるので別に保護フィルムをはらなくても大丈夫なんだけど、自分は筆圧がかなり強く、高確率で傷が付くのでフィルムは必須って感じです。
だいたい3〜4作品描いたら交換します。
で、今回交換の時期になりました。
注文したフィルムは、こちら↓



Cintiq21を使ってる人には定番の、レイアウトのiMac用のAG保護フィルム。
決して安い商品ではないのですが、他に使える商品が少ないので仕方がない。
今はワイド液晶がメインですので、スクエア型のCintiq21に使うには上下が足りません。
で、このAGフィルムは描画部分のガラスは完璧に覆うことができるのでちょうどいい。
ただ、反射防止の効果はそれほどでも。
まぁその辺は他のレビューサイトでw

で、まずは今まで張っていたフィルムを剥がして、エタノールティッシュで画面を拭き拭き。
気泡が入らないように片辺からゆっくり貼っていきます。

IMG_0139.jpg

多少の気泡は、どうせまた張り替えるので気にしない。
ただ、もう4回目の張替えなので随分慣れました。
入った気泡を付属のヘラで押し出して、左右の余分部分をカッターで切って、表面に貼ってある青いフィルムを剥がして〜…完成。

IMG_0141.jpg

さ、これで次の作品も心機一転でガンバロウ。
posted by Jun at 15:01 | Comment(0) | 仕事道具